【改訂版】 Windows PCにAndroid SDKを導入する

以前、Android SDKの導入手順という記事を書きましたが、画像が消えてたり手順が変わってたりしていました、長い間ご迷惑をおかけしておりました。
今回、パソコンをリカバーしたため、1から環境を整えることになりましたので、新たに書き直そうと思います。


まずは、JDKをインストールします。
Java SE Downloadページにアクセスし、JDKの下の『DOWNLOAD』ボタンをクリックします。

次に、Accept License Agreement にチェックを入れ、下のOS一覧から自分のOSの右のファイル名をクリックし、ダウンロードします。
今回はWindowsPC向けの記事ですので、赤の四角で囲った下の2つのどちらかになると思います。32bitOSの場合はx86、64bitOSの場合はx64を選択します。
自分の使用しているOSが32bitか64bitかわからないときは、自分のパソコンが 32 ビット版か 64 ビット版かを確認したいを参照してください。
画像では、ファイル名が『jdk-7u9・・・.exe』となっていますが、7u9の部分はバージョン名の為、この先異なってくると思いますのでその都度読み替えてください。

ダウンロードしたら、実行しましょう。
「次へ」をクリックしていきましょう。

インストール先を変更する場合は変更します。特に必要なければそのまま「次へ」をクリックします。

この画面が出ればインストール完了です。

これでJDKのインストールは終了です。

次にAndroid SDKをインストールします。
Android Developpersにアクセスします。
下の方にある「DOWNLOAD FOR OTHER PLATFORM」をクリックします。

次に、赤丸で囲った「android-sdk_r21-windows.zip」をクリックします。

「I have read and agree with the above terms and conditions」にチェックを入れ、Download installer_r21-windows.exeをクリックするとダウンロードが始まります。

ダウンロードが終わったら、解凍します。

解凍したら、android-sdk-windowsというフォルダができますので、これをフォルダごとどこかへコピーします。
私はcどらいぶ直下(c:\)へコピーしました。以後の説明ではc:\へコピーした場合で説明しますので、別フォルダへコピーした方は読み替えてください。

コピーしたら、android-sdk-windowsフォルダの中にある、SDK Manager.exeを起動します。

もしここで一瞬だけウィンドウが表示されいつまでたっても起動しない場合は、toolsフォルダの中の、android.batを起動してください。

弊ブログで主に使用するADBコマンドやUSBドライバに必要なファイルは、ToolsとExtrasの中のGoogle USB Driverくらいなのでチェックを入れ,
Install ~の方をクリックする。

Accept Allにチェックを入れ、Installをクリックする。

こんな感じになったらインストール終了です。SDKは終了しましょう。

次に環境変数Pathの編集をします。
この説明はWindows7で行っています。他のバージョンのWindowsの場合は若干内容が異なる場合があると思います。ご注意ください。
左下のスタートボタン → コンピューターを右クリック → プロパティをクリックします。

次に左側の「システムの詳細設定」をクリックします。

システムのプロパティが出るので、下の「環境変数」をクリックします。

システムの環境設定を下にスクロールし、Pathが現れたら選択し、編集をクリックする。

下の変数値の最後がセミコロン(;)で無い場合は半角でセミコロンを入力し、C:\android-sdk-windows\tools;C:\android-sdk-windows\platform-tools と入力し、OKをクリック。
残ってるウィンドウをOKで終了し、PCを再起動する。

コマンドプロンプトを立ち上げ、adbと入力します。
ズラズラと長い文が表示されれば成功です。

‘adb’ は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

と表示された場合は環境変数の設定で間違っている可能性が高いと思います。
コマンドプロンプト内で、pathと入力し、先ほどのフォルダが表示されているか確認してください。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

 
Get Adobe Flash player