Xperia以外の端末にPOBOX 5.1をインストールする (ICS以降限定)

Xperiaにインストールされている日本語入力ソフト「POBOX」は非常に使い勝手がいい日本語入力ソフトだと私は思います。
Xperiaを使い続けている内は私はATOKは必要ないとも思っていました。
そんな感じですので、たまにAQUOS PHONEやGalaxyを使用すると、やはり日本語入力の面で若干の不満が生じていました。
と言うわけで、今回はそのPOBOXを他のメーカーの端末にインストールする方法を書きたいと思います。


【インストール条件】

  • Android 4.0以降のバージョンが搭載されている端末
  • 端末はroot化する必要はありません
  • 【動作確認端末】

  • docomo Galaxy NEXUS SC-04D
  • docomo Galaxy S3 SC-06D
  • docomo AQUOS PHONE ZETA SH-09D
  • au HTC J ISW13HT
  • au Galaxy S2 WiMAX ISW11SC※
  • au HTC EVO 3D ISW12HT※
  • SoftBank AQUOS PHONE 104SH
  • 【準備】
    POBOX5.1.zipをダウンロードし、解凍しておく。
    インストールしたい端末のADBドライバをインストールし、ADBコマンドが使えるようにしておく。

    【手順】(説明用画像はSC-04Dです)
    端末のUSBデバッグをONにする。
    「設定」→「開発者オプション」→「USBデバッグ」にチェック

    POBOX5.1.zipを解凍したフォルダから、install.batをダブルクリックし、起動する。

    これでインストールは完了です。
    次に使えるようにします。

    「設定」→「言語と入力」と進んでいき、「POBox Touch(日本語)」にチェックを入れます。
    「言語と入力」は、「言語と文字入力」の端末もあります。

    次に、何かしら文字を入力します。
    文字を入力する画面になったら、通知を開き、「入力方法の選択」をタップします。

    ここで、POBox Touch(日本語)を選択します。

    これで無事POBoxが使用できるようになりました。

    後は、「設定」→「言語と入力」から、「POBox Touch(日本語)」の右の設定ボタンで色々設定を変えて自分好みに変えていきましょう。

    1. コメントはまだありません。

    1. トラックバックはまだありません。

     
    Get Adobe Flash player